• お客様との一問一答

家系図の不思議

吉相墓のご案内

トップページ > 吉相墓のご案内 > 会社墓
会社墓

会社墓

会社墓(供養塔)は会社の根、物故社員を供養してこそ会社も栄えます

会社は人の集合体で成り立っています。社員をはじめ、得意先、仕入れ先など全ての人の働きによって運営されてゆきます。大切なことは、人の和であり、人を敬う心です。その心がないと会社は発展してゆきません。
会社供養塔は、こうした心のあらわれであり、会社の発展に貢献してきた先覚者や殉職者の霊に心からの供養を捧げるものです。すでに会社墓を正しく建てられている会社は隆盛の一途を辿っております。
建立に際しましては、会社の事業内容規模、及び資本形態経営形態などによって、祀り方が自ずと異なってまいります。
最近の会社墓は、まるで会社のPR用に建てた、シンボル塔のような形が目立ち、嘆かわしい限りです。≪物にとらわれて、心を祀らない“形”だけのものが多くなっている……。≫
※近年、資本と経営の分離が明確となりました。会社が発展するためには、会社という法人格が根を植えるという意味で、供養塔を建立、物故社員を合祀供養することが大切です。

※医療法人や宗教法人をはじめとする公益法人格は会社供養塔を必要とします。
※同族会社と非同族会社では祀り方が自ずと異なります。

前へ 次へ

ページの先頭へ