• お客様との一問一答

家系図の不思議

吉相墓のご案内

トップページ > 吉相墓のご案内 > 吉相墓と一般墓の相違点
吉相墓と一般墓の相違点

吉相墓と一般墓の相違点

昔は、親の墓は子が建て、子の墓は孫が建てました。
つまり、累代墓ではなく、夫婦の戒名(法名)を刻んだ夫婦墓を建立したのです。 自分のルーツ(根)を知り、家系を守り、血の流れと伝統を大切にしたお墓です。

ところが、現在はどうでしょう。
「何々家之墓」、「何々家先祖代々之墓」とか記された、俗にいう一般墓が主流です。つまり納骨が目的で、先祖の霊名は有りません。 ただ「○○家之墓」と刻入し、子々孫々までのお墓を準備した相です。
別名、表札墓ともいわれ、先祖を祀った相ではなく、家を祀った相です。

これなどは先祖という歴史を消してしまうことではないでしょうか。兄弟一同、親戚一同、誰が入ったってかまわないという墓だといえます。
こうした無神経な建墓の仕方が、子孫を信じない形を誘因しているのです。
それでなくても現代は、親と子の対立時代とまで言われている世の中です。 どうすれば親子のつながりを深め、子孫の繁栄を期せるのか、吉相墓はそれらの問題をはっきりととらえ、子孫の繁栄を約束できる点において、一般墓との相違を明確にしています。

さらに一般墓は、仏が出て初めて墓を建てるという「過去」にとらわれています。 これに対し、吉相の墓は、 先祖を正しく祀り、親、先祖があって、今の自分があるという教えを、子孫に伝えることにより、心をこめて祀ってくれる立派な子孫に恵まれるという「未来」を考えたお墓です。

吉相墓の場合

<子供が親の墓を建てる>
代々、親の墓を建ててくれる立派な子孫に恵まれることを要求している形後継者をつくっていく形

一般墓の場合

<親が子供・孫までの墓を建てている>
子供は親の墓を建てなくてよいという後継者不要の形。親子の離別、離反、非行、短命者等々子供で悩まされていく

<霊魂を祀る>
お骨を祀るのが大事ではない。
先祖のミタマを祀る事が大事。
遺骨は早く土に還る方がよい。

<遺骨を祀る>
焼骨は佛の亡き骸であり、霊魂ではない。
土葬の佛や戦死者には、遺骨がない場合がある

<墓に法名を刻入する>
墓に法名を刻入する<法名に霊が宿る>

<霊標は石の過去帳である>
人々は霊標を拝まない<霊標のある家は年寄りの孤独、親子の離反、離婚の増大、結婚運や男女間のトラブルなどの家庭が多い>

前へ 次へ

ページの先頭へ